2019年10月10日

Bottega Veneta ロングウォレット ファスナー交換

本日はBottega Veneta(ボッテガヴェネタ)の長財布。



ファスナー交換でございます。











今回はメインのファスナーのスライダーが動かなくなり、交換させていただきました。







引手も移植しております。







分解したところ、



元々はマットブラックの塗装がされていたファスナーでございました。






ファスナーの修理はスライダーの交換で済む場合もございますが、



ファスナーは消耗品ですので、スライダーの交換だけでは再発する可能性が高いです。



写真をご覧いただいた通り、



使用により塗装がはがれているのがお分かりいただけるかと思います。



特に金属製のファスナーは摩耗していきます。






☆財布ファスナー交換・・・¥12,000+税~



納期はファスナーの在庫状況にもよりますが、3週間前後でございます。



皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております!
  


Posted by リペア工房RESH.       三越仙台店 at 21:42Comments(0)カバン修理

2019年10月06日

バッグ 引手修理

こんにちは!


今日はバッグの引手修理のご紹介です。



ファスナーの開け閉めをしていたら引き手がスポッ!と、取れてしまった・・・

長年使用して、引き手がボロボロに・・・

なんて事ありませんか?

使いにくいけど諦めてそのまま使ってたりしていませんか?
新たに引き手を作成する事ができるんです。




なるべく近い色合い・質感の革を使用して作成致しました。



○引き手作成(1ヶ所)・・・¥3,000~

諦めてクリップなどで代用していたお客様、
お直しできます!
是非お持ちくださいませ。  


Posted by リペア工房RESH.       三越仙台店 at 21:58Comments(0)カバン修理

2019年10月05日

カバンのライニング修理

こんばんは!



平素はシューズリペア工房RESH.三越仙台店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます!






本日はHermèsライニングの染め直しをご紹介させていただきます。






靴と同様、革製品のバックも使用していないときの保管環境がとっても大切です。




バッグの場合は靴と違って、形や大きさの種類が多いぶん使うシーンが限定されていて



1、2年ざらに使わずクローゼットにしまったままになってしまっているケースが多いですよね。





久しぶりに使おうと思ってひっぱり出してみると、



外側はキレイなのに



ライニング部分が覚えのないシミベタつきがある経験はないでしょうか?





原因のほとんどは保管環境によるものなのですが、



特に日本特有の蒸し暑い気候の湿気くもり雨タラーッが原因です。



対策としては定期的に風通し良い場所で陰干ししてあげるなども効果的なのですが、



なかなかで面倒でできないですよね。



一度そうなってしまったものはクリーナーでキレイにするのが難しく、



ベタつきがある場合はライニングそのもの解いて取り除き、



新しい革に交換しなければいけない場合もあります。




今回のバックは幸いベタつきがないため、吹付による染め直しの方法で修理させていただきました。




お手入れや保管環境によっては何十年でも使えるものなので、



諦めて捨ててしまう前にお気軽にスタッフまでお問い合わせください。


  


Posted by リペア工房RESH.       三越仙台店 at 21:58Comments(0)カバン修理

2019年10月04日

LOUIS VUITTON バッグ ファスナー修理

こんにちは!





本日は LOUIS VUITTON ファスナー修理のご紹介です。





カバンの修理箇所で最も多いなかのひとつが、ファスナーの故障です。
今回は引手(引っ張る部分)が本体から外れてしまっています。






写真のような場合ですとファスナー部分全体の交換は必要なく、スライダー(ファスナー開閉させるパーツ)のみの交換で直ります。

オリジナルのブランドロゴが入った引手もほとんどの場合もう一度取り付けることが可能です。
(外れた引手をなくさないように一緒にお持ちください。)











状態や形状によってはスライダーがまれに合わない場合もございます。
その場合はファスナー交換でのご案内となります。

お気軽にスタッフまでお問い合わせください。







  


Posted by リペア工房RESH.       三越仙台店 at 21:59Comments(0)カバン修理

2019年09月17日

Bottega Veneta ロングウォレット ファスナー交換

本日はBottega Veneta(ボッテガヴェネタ)の長財布。



ファスナー交換でございます。











今回はメインのファスナーのスライダーが動かなくなり、交換させていただきました。







引手も移植しております。







分解したところ、



元々はマットブラックの塗装がされていたファスナーでございました。






ファスナーの修理はスライダーの交換で済む場合もございますが、



ファスナーは消耗品ですので、スライダーの交換だけでは再発する可能性が高いです。



写真をご覧いただいた通り、



使用により塗装がはがれているのがお分かりいただけるかと思います。



特に金属製のファスナーは摩耗していきます。






☆財布ファスナー交換・・・¥12,000+税~



納期はファスナーの在庫状況にもよりますが、3週間前後でございます。



皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております!
  


Posted by リペア工房RESH.       三越仙台店 at 23:26Comments(0)カバン修理

2019年09月03日

LOUIS VUITTON ファスナー修理

平素はシューズリペア工房RESH.三越仙台店をご愛顧いただき誠にありがとうございます。





本日は LOUIS VUITTON ファスナー修理のご紹介です。





カバンの修理箇所で最も多いなかのひとつが、ファスナーの故障です。
今回は引手(引っ張る部分)が本体から外れてしまっています。






写真のような場合ですとファスナー部分全体の交換は必要なく、スライダー(ファスナー開閉させるパーツ)のみの交換で直ります。

オリジナルのブランドロゴが入った引手もほとんどの場合もう一度取り付けることが可能です。
(外れた引手をなくさないように一緒にお持ちください。)











状態や形状によってはスライダーがまれに合わない場合もございます。
その場合はファスナー交換でのご案内となります。

お気軽にスタッフまでお問い合わせください。







  


Posted by リペア工房RESH.       三越仙台店 at 22:51Comments(0)カバン修理

2019年09月02日

カバンのライニング修理

こんばんは!



平素はシューズリペア工房RESH.三越仙台店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます!






本日はHermèsライニングの染め直しをご紹介させていただきます。






靴と同様、革製品のバックも使用していないときの保管環境がとっても大切です。




バッグの場合は靴と違って、形や大きさの種類が多いぶん使うシーンが限定されていて



1、2年ざらに使わずクローゼットにしまったままになってしまっているケースが多いですよね。





久しぶりに使おうと思ってひっぱり出してみると、



外側はキレイなのに



ライニング部分が覚えのないシミベタつきがある経験はないでしょうか?





原因のほとんどは保管環境によるものなのですが、



特に日本特有の蒸し暑い気候の湿気くもり雨タラーッが原因です。



対策としては定期的に風通し良い場所で陰干ししてあげるなども効果的なのですが、



なかなかで面倒でできないですよね。



一度そうなってしまったものはクリーナーでキレイにするのが難しく、



ベタつきがある場合はライニングそのもの解いて取り除き、



新しい革に交換しなければいけない場合もあります。




今回のバックは幸いベタつきがないため、吹付による染め直しの方法で修理させていただきました。




お手入れや保管環境によっては何十年でも使えるものなので、



諦めて捨ててしまう前にお気軽にスタッフまでお問い合わせください。


  


Posted by リペア工房RESH.       三越仙台店 at 09:30Comments(0)カバン修理