2020年03月12日

CROCKETT&JONES オークバークソール

毎度おなじみのクロケットネタ。


今日はソールに注目していきましょう。




ハンドグレードラインに使用されている底材はオークバーク。

オーク(樫の木)の樹皮から抽出したタンニンで鞣しており

1年もの時間をかけじっくりとなめし生産されます。

とても希少性があります。

革の繊維が詰まり丈夫で摩擦に強いのですが屈曲にも優れております。

こちらの底材はドイツ屈指のタンナー、J.Rendenbach レンデンバッハと言われております。

1871年に創業以来、140年以上の歴史があります。



一つの革底になるのに1年以上。。。

何とも贅沢な。。

RESH.ではもちろんレンデンバッハソールの取り扱いもございます。

オリジナル同様にこだわられる方、いかがでしょうか?
  


Posted by リペア工房RESH.       三越仙台店 at 19:18Comments(0)材料

2020年03月12日

Crockett&Jones WESTMINSTER

こんにちは

今日はLast317のWESTMINSTERのオールソールをレザーソールで・・

Crockett&Jones westminster1

耐久性に定評のあるジャーマンオークレザーで

Crockett&Jones westminster2

ウェルト部も

Crockett&Jones westminster3

ヒール部も



必ずしも現行品をお持ちいただくわけではない分、色々なモデルの靴を見せて頂けフムフムと見まわしてしまいました・・

レザーソールからラバーソールへ

ラバーソールからレザーソールへ

どちらでも楽しむことが出来ます

ご利用を心よりお待ちしております  


Posted by リペア工房RESH.       三越仙台店 at 11:04Comments(0)オールソール