2020年03月12日

CROCKETT&JONES オークバークソール

毎度おなじみのクロケットネタ。


今日はソールに注目していきましょう。

CROCKETT&JONES オークバークソール


ハンドグレードラインに使用されている底材はオークバーク。

オーク(樫の木)の樹皮から抽出したタンニンで鞣しており

1年もの時間をかけじっくりとなめし生産されます。

とても希少性があります。

革の繊維が詰まり丈夫で摩擦に強いのですが屈曲にも優れております。

こちらの底材はドイツ屈指のタンナー、J.Rendenbach レンデンバッハと言われております。

1871年に創業以来、140年以上の歴史があります。

CROCKETT&JONES オークバークソール

一つの革底になるのに1年以上。。。

何とも贅沢な。。

RESH.ではもちろんレンデンバッハソールの取り扱いもございます。

オリジナル同様にこだわられる方、いかがでしょうか?



同じカテゴリー(材料)の記事画像
RESH.新宿店 靴博出店 (遠方のお客様はご相談ください)
PADRONE ソール修理
【新パーツ】vibram ARCTIC GRIP【冬底】
残りわずかとなりました
BOTTEGA VENETA
【新パーツ】ジャーマンオークバーク
同じカテゴリー(材料)の記事
 RESH.新宿店 靴博出店 (遠方のお客様はご相談ください) (2020-08-18 23:58)
 PADRONE ソール修理 (2019-11-25 20:33)
 【新パーツ】vibram ARCTIC GRIP【冬底】 (2019-11-21 17:32)
 残りわずかとなりました (2019-11-13 00:34)
 BOTTEGA VENETA (2019-10-17 21:13)
 【新パーツ】ジャーマンオークバーク (2019-10-07 21:58)

Posted by リペア工房RESH.       三越仙台店 at 19:18│Comments(0)材料
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
CROCKETT&JONES オークバークソール
    コメント(0)